自動車での事故は、己だけの事故と自分以外に影響を与えた車の事故がございます。クレジットカード比較

自損事故のケースでは自分自身が事故処理をすれば終了しますが、他者が関与した自動車での事故はどちらにどれくらい手落ちがあったのかを調べて、その結果によって故障した車の修理のお金や和解金がいくらになるのかなどが決定されますので自動車保険会社の有識者を交えての交渉が必要となります。

普通の車の事故の場合、自分だけでなく相手にも過失がある場面が大部分で一方だけの手落ちが問われるという時はほとんどありません。

もちろん赤信号無視や一時停止無視等はかなりの過失なりますが被害者にも間違いが指摘されます。

車での事故の場面ではどのドライバーの手落ちで起こったかという結果が非常に大切になってくるのでその判断を分かりやすく示したのが《過失割合》というものです。

一例として、先ほど登場した信号無視や一旦停止無視場面ならば、交通法であれば相手側が完全な責任があるように思いがちですが、もしもその自動車が対面から来ており自分の目で確かめられたケースだと被害者だったとしても注意が足りないと判断され10%程度のミスが認められる状況もあります。

よってこの場合では加害者が9割、事故に巻き込まれた人が1割過失と言われ間違いが大きな方に責任が問われたりします。

自動車事故の割合それ以前の自動車事故の判例をベースに決められる時が大半で日弁連の交通事故相談センターから公表されている基準などが元として用いています。

このような過失割合の、数値が大きければミスつまり損害賠償額も大きくなると考えられるので、事故に関する交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく自動車保険の係りの人を加えて慌てずにやり取りすることが大切です。