クレカを申し込むと月ごとに加入会社から利用代金明細の案内があります。

それらの利用明細書を保管しておけばどの店舗でいつどの商品にクレカでどのくらい利用したのかという明細が記されているためこれまでのそのクレジットカードを用いた一覧を照会するのがたいへん易しく使いやすい。

これ一本で使うにはちょっと使いにくいだろうと思いますが手軽な出納帳っぽいものに見立てることもいいアイディアだし節約の助けにもなると思います。

それにこのカード明細書郵送されてから一般的に一か月後経つか経たないかで請求金額の送金がなされます。

ということはその明細書を見て感覚的に疑わしい支払い、もしも頼んでもいないサービスが書かれていたら指定窓口に電話をして聞けば済むだけでしょう。

その際にカード乱用などといった第三者によるカード利用が確認された時でも、クレジットカード使用者に何か理由(落ち度)がないようなら大抵の状況はクレジットカード会社がそのような異常な項目を免除してくれます。

ここ数年ではこの便利なクレジットカード利用明細をネットで見られるクレカが非常に多いです。

常時どんなサイトでどのようなサービスを決済したかを確認しておくようにしてカード詐欺を防止することはもちろん、おこづかい帳の役目も果すので金銭管理も一度に可能になります(ホームページでクレジットカードの履歴を照会可能なカードは以前の引き落とし額や利用可能ポイント数等も照会できるようになっています)。

クレカはカード利用そのもの以外ことから見ても非常に力になるモノだと言えます。