前置きとして、一般人が破産を申し立てるまでの時間は本人に対して電話を使用しての借金回収と、債務のある個人の住居への直接訪問での徴収は無法とはならないということなのです。

それから、自己破産に関する作業に進んで以降、申請までに時間がかかってしまったケースでは債権者は無理な集金を行う確率が高くなります。

債権者サイドからすると残金の支払いもされないままそれでいて自己破産などのプロセスもされないという状況であれば企業内部での完了処理をなすことができないのです。

それだけでなく債権保有人の中には専門の人間につながっていないと気づくと、相当無理矢理な取り立て行為を繰り返す会社もいます。

司法書士の人か弁護士の方に相談したケースでは、各々の債権者は本人に対する直接要求を実行することができなくなるのです。

相談を把握した司法書士の方か弁護士の方は案件を担うという意味の書類をそれぞれの債権者に配達することになり各取り立て屋がその文書をもらったのなら負債者は債権者による取り立てから逃れられるという流れになります。

取立人が勤務地や親の自宅へ訪問する徴集は借金に関する法律のルールで許されていません。

貸金業で登録している企業であれば勤務地や父母宅へ訪れての収金はルールに抵触しているのを知っているので違反であると伝達してしまえば、返済要求を継続することはないと言っていいでしょう。

自己破産の申し立て後は本人に向かった返済要求を含め例外なく徴集行為は禁止されています。

それゆえ債権者による返済要求行為はきれいさっぱりなくなることとなります。

とはいえたまにそれを知っていて接触してくる業者もゼロであるとは断定できません。

貸金業であって登録されている企業であれば破産に関しての申し立て後の返済要求が貸金業法規制法の規程に抵触しているのを分かっているので、違反であると伝えれば、法外な返済請求を続行することはないと考えられます。

とはいえ違法金融と言われている未登録の取立人についてとなると常識外で、違法な収金などによる事件が増加し続けているのが現実です。

取り立て屋の中にいそうなときは弁護士の方それか司法書士法人などのエキスパートに依頼するようにするのがいいです。