予期せず、急に起こってしまうのが自動車の事故です。

この状況でどのように対処するかが要因となり、自動車の保険金の支払金もかなり大きく差が出る場面も予測できますので正しい判断と対応が大事です。

予想外の場面に遭遇して動揺してしまうと状況を見落してしまい後々あなたが損をする状況も予測できるので自動車事故に遭遇してしまった場合は正しく次の対応するとよいかもしれません。

自動車事故の遭遇した状況で第一にする必要があるのは怪我人がいるかどうかの確認です。

自動車事故のすぐ後は気が動転するあまり喪心状態になってしまうことがありすぐに動くことができないのが一般的です。

その場面では、負傷した人がいた場合には安全が確認された地点へ移動してから応急手当して、周囲に助けを求めるなどして人命の優先を心掛けましょう。

119番に連絡する場合には的確な位置を伝え分かりにくい場合は周りの目を引くお店や地点を告げて事故の現場の位置が分かるようにします。

2番目に警察に知らせて車の事故があった旨と様子を説明します。

救急車とパトカーの到着を待っている時間に負傷者の内容を確かめます。

名前、TEL番免許証、車のナンバー相手側の保険会社名等お互いの内容をやり取りします。

この時に事故の相手方に非があるような場合、即刻片付けようとするケースがよくありますが即刻解決するのではなく、どの時であっても警察署や自動車保険会社に届け、ちゃんと判断してもらう事が必要です。

それぞれの身元を交換したら交通の妨害にならないために妨げになる物道の上から除去します。

万が一妨げになった物が他の人の障害物となっている時は、自分と相手の情報交換をするより先にそれを行うことは大丈夫です。

自らが入っている自動車保険の会社に電話を入れ自動車での事故が起きた事を電話します。

車の事故から一定期間内のうちに自動車の保険会社に連絡を入れないと、自動車保険の適用外に場面も想定されるのでできるだけ時をおかずに行動することが大切です。

出来たら事故現場の証拠になるようにデジカメや携帯のカメラなどで事故の現場や事故車の壊れた箇所が分かる写真をを撮っておきます。

この写真は責任の割合決める時にかなり大きな証明とできるので自分のクルマや相手方の愛車の状態を正しく写真に残しておきましょう。

その場面で目撃者がいれば警官や保険会社の人が来るまでその場所にそのまま待って頂くように頼むのも大事です。