外国為替証拠金取引の興味深いところは単独の投資商品でありながらお金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中からどの種類を選択するのかで資本の投下の仕方がまったく異なる部分にあると言います。

まずは外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」を考えましょう。

長期は、一年以上の出資が原則とされているものです。

まず為替相場においては、一年以上経過した後の為替相場は円高か、逆に円安なのかを連想することはたいてい難問だと思います。

ほとんどのケースでは「そんなにも先の情勢は予言できない」と考えるのが当たり前です。

予想もできないことをがんばって予想しようにもそれは無謀なことなのです。

したがって、外国の貨幣を買ったと仮定して、買った時の買いレートよりも円高になったとしても、近いうちに円安になるはずだという軽い感じでチャレンジするものです。

儲けを無理に大きくするだけでなく、別の利益それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのをまず初めの望みにして出資しましょう。

無論短期で為替差損に損がすごくなってしまうこともあります。

したがって損でも困らないようレバレッジを少なめで売買するのはポイントです。

FX(外国為替証拠金取引)は、損失が決まった金額よりも広がると、追加保証金が発生したりまたはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ストップロスを置いたら、早くトレードをフィニッシュすることになり長期のトレードがダメになります。

このような危険を回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度で売り買いするべきです。

次は中期スタンスのケースの売買を見てみましょう。

中期スタンスでは最大で1?2ヶ月ほど先々を見越してのトレードをします。

為替のトレードの際、約1ヶ月くらい後のことは、おおかた想定しやすいなケースが多いでしょう。

G7のような国同士の議会や、市場参加者がどんなことに着目しているかを確認すればおおよそ予知できるはずです。

経済の状態を見ながらなおチャートを確認することで為替の動きを把握できるようになり買いか売りかを決める方がいいでしょう。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルの両方とも良い状態であり、またはどちらも買い傾向が一致している時はおおよそ判断した通りに行くと思って良いのです。

そうした時は保有高を増やせばより一層大きな利益を手に入れられるのはほぼ間違いないでしょう。

3つ目に短期のトレードの狙いどころです。

この短期のスタンスとはすなわちデイトレードのことを意味しています。

為替でデイトレーディングをするにはファンダメンタルズは絶対に関係ないと言い切れます。

というのも次の日の為替相場の変化に、経済の状況は関連がないからです。

この場合最大の重要ポイントは目立った事柄がある場合、それに影響して為替の相場が目立って変化する時を逃さないようトレードしましょう。

例を挙げるとアメリカにて雇用者の統計が出されるあるいは金融会議が行われることによって金利が変動するといった行事。

このような大事な機会に変動を捉えるとの意味で、短期のトレードでは専門的な要素が必須となる。