乗用車の全損とは名称通り自動車のすべてが破損してしまう場合、すなわち走行することができないように乗り物としての働きをできなくなった状態で使いますが、自動車保険で『全損』は少なからず異なった意味が込められていたりします。

車の保険のケースでは車が壊された場合には「全損と分損」などと2種類に分けられ、《分損》は修理のお金が補償金でおさまる状況を表現し、それとは反対に「全損」とは修復費が補償額を超えてしまう場合を指します。

一般的には、車の修理で『全損』という状況では車の心臓、エンジンに修理できない損害を受けたり、車のフレームが歪んでいたりして修復が不可能な場合、リサイクルか廃棄になるのが通常です。

だけれども、自動車の事故の後にディーラーや車の保険会社が修理費を推定した場面で、いくら見た感じがしっかりとして修繕が可能である状況でも修理費が補償よりも高かったら何を目的として保険に入っているのか分からなくなってしまいます。

こういう状況では【全損】と決めて自家用車の権利を自動車保険会社へと譲渡して保険額を受けとる条件になっています。

当たり前の事ながら長年所持した愛車で未練があり、自費で直して使いたいと希望する方はいくらでもいますから場面によっては自動車の保険屋さんと相談するといいのかもしれません。

さらに、乗用車の保険にはそのような場合のために車両全損時諸費用補償特約などの全損の際に特約を設けている場面が多々あり万一車が全損となってしまっても買い替え等必要費用を多少なりとも補償してくれるケースも存在します。

尚盗まれた際の保険の特約をつけている場合、盗難被害にあった愛車が発見できない場合も【全損】と扱われ、補償されるシステムになっています。